読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2020年までに億り人をめざすブログ

オリンピックが開催される2020年までに億り人をめざします。

3131 シンデン・ハイテックス 決算見込~感想

5月11日にシンデン・ハイテックスが決算発表しました。

 

2018年3月期の一株利益は312円、配当は年110円です。

 

翌5月12日は、決算を好感し、一時高値3585円まで上昇しました。

 

終値は前日+95円、3,330円(+2.94%)でした。

 

個人的には、四季報以下の内容で物足りない決算でしたが、今期は、一、二度くらい上方修正があると思われます。

理由は以下のとおりです。

①為替差損の解消

 第3四半期累計時点では、為替差損は3億ありました。

 しかし、第4四半期累計では、為替差損は1.7億まで減少しています。

 円安の影響で第4四半期のみで経常利益を1.3億押し上げています。

 今期の予想レートは不明ですが、仮に昨年度と同レートでこの傾向が1年続くとする  

 と、1.3億×4=5.2億の経常利益を押し上げます。

 

②営業利益率の向上

 第3四半期、第4四半期と売上営業利益率を3.9%、4.6%と改善しています。

 しかし、今期累計の売上営業利益率は、約2.0%です。

 四半期ごとに改善しているのもかかわらず、売上営業利益率が低い予想です。

 今期は通年で4.0%の実績を残してもおかしくありません。

 

そのうえで、私の予想は 営業利益18.6億、経常利益22.5億 当期純利益13.5億 一株利益 約800円←概算計算 くらい目指すのではと考えています。

 

現時点(3,330円)で配当利回り3.3%ですので、大きく下げても3,000円割れはないでしょう。

 

とりあえず、第一四半期までに上場来高値である4,345円を目標にして上昇してもらいたいです。

 

第一四半期のみで、一株利益150円以上稼ぐことができれば、夏過ぎには一株6,000円、時価総額100億越えでしょうね。